2011年01月03日

箱根駅伝復路を勝手に予想

往路は東洋が逆転優勝。往路レコードが出るように、
走りやすかったにしてもレベルが高かった。
近年トップクラスの往路だったと思う。
個人的に誤算だったのは、

・中央が1、2区でブレーキ
・マイナの不調
・村澤の予想以上の走り

このあたり。早稲田の猪俣は想像以上によく走ったと思う。
これは復路が楽しみ。

東洋と早稲田の差は27秒。
これを大きいと取るか、少ないと取るか。
東洋の復路予定は、現在小池⇒大津⇒千葉⇒田中⇒西山。
たぶんアンカーは高見。6区の小池も市川に変えてくるはず。
これは予定通り。東洋の弱点としては6、7区になるか。
9区⇒2区と走っていた大津を7区に持ってきた理由がなんなのか。
作戦なのか、それとも早稲田佐々木のように故障持ちなのか。
故障持ちだったら早稲田チャンス。
6区の市川はずば抜けて速くないが、去年の経験がある。
8区にトップで渡れば、残り3人の力を考えればなんとかしてしまうはずで、
早稲田が逆転するには6区と7区の序盤が大切になってきそう。


その早稲田、6区の高野は、
この流れならたぶん変えてこない。もしくはここが秘密兵器なのかも。
山の秘密兵器が2人いるということは、佐々木ともう一人。
猪俣は急遽だったことから、この高野が山下りに適正を示している可能性がある。
アンカー萩原はたぶん変えてこないから、3枚のカードを使うのは7、8、9区あたり。
7区の故障持ちの佐々木を三田、8区北爪をキャプテン中島、
9区市川を八木で繋ぐイメージ。三田に9区の長丁場のイメージがないだけに、
高野が秘密兵器ならこのメンバーの可能性が高いと思う。
4区で区間新作ったことがある三田が7区で20秒差でタスキもらえば、
ここで逆転がある。あとはガチンコ。力はほぼ同じ。
アンカー勝負になれば経験の高見、スピードの萩原。
大接戦のほうが見てて面白い。とにかくポイントは山下り。


それはほかの大学も同様。山下りは今年のキー。
3位東海は復路が厳しい。
4位明大はとにかくこの順位で繋いでいく感じ。
トップから3分、3位と1分半のところにいる駒大が3位の最有力と言えそう。
6区山下りの藤原から千葉への変更はなんかもう規定路線。
千葉で稼いで、そのあとがどれだけ粘れるか。
9区飯田とか、ブレーキの可能性もなくはない。
メンバー的に巻き返せるのは中央大くらいか。


上位2チームが接戦になるが、そのあとは混戦。
シード権争いが4分以内に固まっている現在、今日の一番の見所は
シード権争いかもしれませんね。
コンディションもあまりよくなさそうだし、6位以下は大混戦。
楽しみ楽しみ。

posted by リック at 06:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。