2009年01月03日

第八区

って遊行寺の坂が待っている8区。
早稲田と東洋の差、3キロ地点で70m。
東洋大の千葉はわき腹を押さえながらも確実に早稲田との差を
縮めている。早稲田の中島の走りは安定しているが・・・

8キロ地点、東洋大が首位を奪い返す。

3位争いは日体大と中央学院大。

早稲田は遊行寺の坂をポイントと考えているのか。。。
並走状態を続ける。

遊行寺の坂を下る17キロ、東洋大が一気に前に出る。
粘りの早稲田の中島が引き離される。。

帝京、日大、中大、山梨学大の4校で、熾烈なシード権争いも
続いている。

20キロ地点、東洋と早稲田の差は130m。
中島の走りは苦しそうだが、粘りで頑張る。

東洋大、千葉がたすきを取る。
67回目にして優勝を果たすのか?

早稲田との差は45秒。東洋大は首位で9区へたすきを渡した。
タグ:箱根駅伝
posted by リック at 19:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第七区

1位早稲田、2位東洋大。
その差は18秒。
3位中央学院大。4位は日体大。
早稲田のスーパールーキーの一人、八木。
一万メートル28分のタイムを持つ。

4位日体大、5位山梨学大、6位明大、7位大東大。
有力選手たちが競う。

7キロ付近、1位と2位の差、370m。
気温が上がってきた。
早稲田の八木に疲労感が・・・

14キロの地点、早稲田と東洋の差は300m。
あと5キロ。。。

17キロ地点、その差は190m。
差が、だんだん詰まってきている。
あきらかに東洋大が迫ってきている。
早稲田の八木は、前半走りすぎたか。。。

20キロ地点で77mの差。東洋大が確実に迫ってきた。

あと残り1キロ。
日差しが強い!

早稲田黄金時代を予想させる1年生の頑張り。
トップで8区にたすきを渡した。




タグ:箱根駅伝
posted by リック at 19:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第六区

2日目復路
今日も日差しを浴びて芦ノ湖を東洋大が
1位スタート。2位早大、3位日体大。
優勝候補の駒大は15位スタートと出遅れる。
さて、総合優勝のゆくえは?

東洋大の富永。ゆったりペースで抑え気味に走る。
早稲田の加藤は前回区間賞。両者とも同じペース。

3キロ地点。早稲田が東洋大を捕える。
下りが得意な加藤。ペースも上々。

7位争いは日大と明大。大東大も食いつく。
その後、まもなく明大、大東大、日大、帝京大と、順位に変動あり。
6位の国士舘を追い抜く明大、大東大。

早稲田の加藤、得意の下りでわき腹を押さえている。
「6区は僕を生かしてくれる」
山下りのスペシャリストがトラブルか?
東洋大が迫ってくる。
8キロ地点、東洋大がまた追いつき首位に。

6位は明大。差を広げる。
5位の山梨学大の背中が見えてくる。

10キロ地点で早稲田が意地で1位に。
1位争いが激しい。
12キロ地点、東洋大の富永が三度首位に。6度目の首位争いだ。
現在4秒差。

東洋大の富永の肩が揺れてきたが、首位を守って走っている。
早稲田の加藤は抜くたびに力を使いすぎたか。

19キロ付近、顔をくちゃくちゃにしながら早稲田が
抜き返す。苦しみながら、すごい根性!
お互いを意識しながら7区スーパールーキーの八木に
たすきを渡したい。

区間賞は大東大の佐藤。














タグ:箱根駅伝
posted by リック at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第五区

期待の東洋大柏原、9意でたすきを受け取り、現在7位に。
東海大を抜く。
箱根湯元を過ぎ、本格的な山登りに。
7キロ付近で4位。5人抜き。

駒大トップとの差は9分も。

1位は変わらず早大の三輪、4年生。チームリーダー。
長距離ブロック長。

2位山梨学大との差が明らかに縮んできた。
21秒差に追い上げてきた。
強い気持ちが大切な第5区。

3位の日体大に迫る東洋大1年の柏原。
大平台の急な坂。

12キロ地点。山梨学大が早稲田をとらえる。
去年は、早稲田にとらえられた山梨学大。
今年は逆の立場に。

13キロ付近、一度追いついた山梨学大の高瀬がわき腹を押さえ
スピードダウン。また、早稲田が首位に。
10秒以上遅れる。

山登りが苦手といわれた早稲田。今年は違う。目がさめた三輪。

4位東洋大がついに日体大を抜き、3位に浮上。柏原、6人抜き。
区間新ペース。

沿道には大勢の人垣。

17キロ付近、東洋大柏原、山梨学大を追抜く。
スーパールーキー、山登りの区間新か?
東洋大は箱根ではタイトルがない。
初の往路優勝になるか?
1位早稲田との差、100m。
「竹沢に優勝をプレゼントしたい」と三輪。

下りのギアへの切り替え。
往路ゴールまであと5キロ。

3位は日体大、4位が山梨学大。

19キロ付近、ここから下りに入る。
柏原が早稲田の三輪の背中を捕らえる。
視界でとらえ、その差は1m。
抜き去った!先頭、東洋大柏原。
2人の意地のぶつかりあい。











タグ:箱根駅伝
posted by リック at 01:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第四区

1キロ付近で、早稲田1年三田が山梨学大を捕らえ、1位に。
並走が続く。

3位集団は6人。中代が引っ張る形に。
明大の松本も3位集団に加わりそう。
東農大、中大、東海大、日体大、中央学大、日大の3位集団。

5キロで早稲田の三田14分33秒。
7キロで明大松本3位に。
区間賞がとれれば、明大としては46年ぶり。

ペースオーバーか、山梨学大の後藤汗をかいている状態。
口も開きだした。遅れだした。
早稲田の三田についていけるか?
区間新も狙えるスピードの早稲田。


東農大、中大が3位集団から遅れる。

駒沢17位。
シード確保していた亜大21位。

11キロ付近、明大、中央学大、日体大の3人が3位争い。

帝京大の馬場も区間賞を狙えるスピード。現在7位に。

15キロ地点、区間記録を15秒上回る早稲田。
5九の中継所まで残り2キロ。
残り1キロでたすきをはずした。
早稲田の1年生の頑張りに目を見張るものが。
2位の山梨学大との差は50秒に広がる。
早稲田ルーキー、区間新達成!

明大が3位。10位から7人抜き。
東洋大は、9位でスーパールーキー柏原へ。
王者駒沢は18位。


タグ:箱根駅伝
posted by リック at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

第三区

6位でたすきを受けた早稲田が2位に。
竹沢の猛走が光る。
駒沢大は13位、ブレーキがかかる。
14キロ地点で16位に下がる。

海外線を走る。直線は、自分なりの目標を掲げて走る。
予選会からのチームはなるべく往路で良い成績を上げたい。

駒沢大渡辺が17位に。優勝候補が苦しい走り。

早稲田竹沢が最後の箱根で区間新記録更新狙い。
1位の山梨学大と距離が縮まる。
20秒130mまで詰めている。

山梨学大ラストスパート!平塚は目前に。

竹沢2位で区間新達成1時間1分台の見事な記録!

東海大佐藤の走りで18位から3位に。
15人抜き。史上初、4年連続区間新になるか?

優勝候補駒大はなんと17位。
順大が最下位という結果。




タグ:箱根駅伝
posted by リック at 10:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二区

花の二区
山梨学大のモグス2キロ地点で先頭に。
2位早稲田。3位明大。

日大ダニエル、まずはこの時点で2人を抜く。
8キロ過ぎ、横浜駅前。ダニエルは7人抜き、15位へ。

モグスは去年の区間新の記録を上回っている。
一万メートル、早いと言われる日本人選手でも28分台。
モグスは27分台。10秒で7〜80m走るとすると400mくらいの差が。
今回も独走!この貯金を三区から生かせるか??
お母さんがケニアから来日。

13キロ付近、ダニエル14人抜き。どんだけの選手なんだ…
2位は中央学大の木原。3位は5校で集団。

15キロの地点でモグスは前回よりも8秒早いタイム。

16キロ付近、ダニエル現在15人抜き。

3位東農大。4位中大。
18キロ付近でダニエル17人抜き。新記録達成。
日大5位に。驚異!!!

ダニエル2位に。20人抜き!箱根駅伝の歴史を変えた!!

でも早稲田。往路の3区に竹沢。最低往路で4位まで入れれば
復路大期待!駒沢も3区に期待。

中央学大の木原、ダニエルを抜き返す。4年生の意地か。





タグ:箱根駅伝
posted by リック at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一区

日差しがまぶしい
8時にスタート。
1キロ3分が目安といったところ、0〜1キロ、1〜2キロの間も
3分以上かかっていてスローな集団での走り。
5キロ通過の時点で
山梨学大の松村が一歩出る。集団でゆっくりしたペースで走って
いると疲労感が貯まってしまう。自分のペースを取り戻して、
どうはしっていくか…。
6キロ地点で帝京大の西村が先頭に。まだ、集団は崩れていないが
徐々に。ペースが遅ければ、自分のペースで走ることが大切に
なってくる。どうしてもイライラしてしまいがち。
精神的にもペースを守って。
7キロ地点、山梨学大松村が先頭。
10キロ、帝京大の西邑が仕掛ける。
ペースはあがっているが、まだ23校の集団。
12キロ地点、1キロ3分を切るペースにあがってきた。
青山学院大が少々つらそうな表情か…。

14キロ地点、ペースが上がる。通過タイム43分22秒。
一区の流れがこれからの順位を決めていく。
一区はラスト勝負になるか?

給水ポイントで集団がバラけた。
帝京大の西村が再度仕掛ける。
日大堂本、集団から遅れる。

17キロ、国士舘小島先頭。
スパート合戦。
順大、東海大、上武大も次第に遅れてきた。

18キロ地点で先頭集団は9人。
まもなく下り。スパートをかけるのは?

19キロ過ぎ、早大の1年矢沢が先頭に。
順大トラブルか。最下位に。

20キロ地点先頭矢沢が80m離す。
山梨学大、モグスにつなげる好位置に。
2位国士舘大、3位明大。
日大22位、先頭から500m離されているが、ダニエルに
どうつなげるか。

13位までは、早大、神大、明大、山梨学大、国士館、日体大、帝京大、東洋大、大東大、城西大、中央学院大、中央大、拓殖大。




タグ:箱根駅伝
posted by リック at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

箱根駅伝予想

今回の箱根駅伝、優勝候補筆頭は駒大。4年池田を中心とする選手層は厚く、
3年生の星、深津、宇賀地、高林4人の安定感は目を
見張るものがある。昨年、5区を走った安西。6区の藤井。
7区の豊後。9区の堺が抜けた穴は大きいが、例年通りの
後半勝負をかけてくることは予想の範囲内。往路の結果次第で
深津の投入の舵を決めるだろうが、大きなアクシデントがない限り、
史上8校目、2回目の連覇が狙える。

対抗は早大だろう。
心配なのは、エース竹沢のけが。昨年も故障を抱えながら
一位だったことを考えると、なんとかがんばってほしいと
なるかもしれないが、やはり不安のほうが大きい。
昨年は、5区駒野の激走により、復路につなぐことができたが、
今年駒野はいない。前半で好位置につけ、6区の加藤で抜け出したい
ところだ。1区と4区に一年生を置いてきたが、この走り次第だろう。
メンバーの一万メートルのタイムは駒大とは互角なので、
6区加藤、9区高原がポイント。

さらに有力候補とみられているのが中央学院大だ。しかし、去年以上が見込めるかというと
なかなか厳しいような。昨年は篠藤の好走が大きかったが今年は
いない。全体的に力をつけてきた印象はあるが、木原をエースに
持ってきたことにより、勝負は復路のほうの粘りが重要になって
くるかも。一万メートルのタイムをみても強調できるチームではない。

今年三番手と思われるのは、東洋大。スーパールーキー柏原の出来次第だろう。一年生ながら
5区を走ることは、かなり厳しいだろうが、うまくいけば大物ぶりを
発揮する可能性も。メンバー全員一万メートルのタイムは30分を
切っているように全体的なレベルも高い。大西コンビの奮起にも期待。

気になるのは、東海大
昨年は、10区でまさかのアクシデントがあった。今年は巻き
返したいところだが、エース佐藤の調子が上がらないのが気になる。
藤原、吉田の四年生がうまく機能すれば、優勝とまではいかなくても
好勝負は期待できる。

山梨学院大は、モグスをうまく生かせれば、好勝負可能。往路優勝を目指したい。
日大は、ダニエルが
どれだけ貯金を稼げるか。キャプテンの笹谷を中心に、全員力を
出し切れば、昨年の9位よりは上の順位を狙えるだろう。
中大は、エース上野が
抜けた穴は大きい。キャプテン徳地に期待。
城西大学は、去年よりも
上の順位を狙える力を持っている。
予選会上がりでおもしろいのが東農大。シード権を狙える位置に。
日体大は北村が抜けたが、
森、野口が力を出し切れば上位に絡む可能性あり。
古豪明大は、東野と松本に
期待。狙うはシード権。
順大は、昨年棄権という
悔しい結果に終わったが、小野、山崎を中心にシード権を奪回したい。
帝京大は、安定感のある
チームだが、秀でた選手がいないのがどう響くか。
亜大に前回以上の結果を
求めるのはなかなか厳しいと思う。緒方、藤田、与那覇の3人を
欠くのはかなり痛い。シード権漏れ、覚悟か。
そして、関東学連選抜
昨年、4位という例年にない好結果を残したが、今年も10位以内を
目指せるメンバー。初日にどれだけがんばれるかがポイント。

戦国駅伝が進み、近年は1区からハイペースの展開が多い。
その分選手たちには足元のケアから、まめな水分補給まで
しっかり管理することを望み、例年以上に白熱した戦いを
繰り広げてくれることを祈る。
タグ:箱根駅伝
posted by リック at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

出場校

第85回箱根駅伝
出場大学は…

かわいい駒澤大学
(43回連続43回目/前回優勝)
かわいい早稲田大学
(33回連続78回目/前回2位)
かわいい中央学院大学
(7回連続10回目/前回3位)
かわいい亜細亜大学
(8回連続32回目/前回5位)
かわいい山梨学院大学
(23回連続23回目/前回6位)
かわいい中央大学
(80回連続83回目/前回7位)
かわいい帝京大学
(2回連続10回目/前回8位)
かわいい日本大学
(12回連続80回目/前回9位)
かわいい東洋大学
(7回連続67回目/前回10位)
かわいい城西大学
(6回連続6回目/前回11位)
かわいい東京農業大学
(2回連続64回目/前回17位/予選2位)
かわいい上武大学
(初出場/予選3位)
かわいい日本体育大学
(61回連続61回目/前回12位/予選4位)
かわいい拓殖大学
(4回連続32回目/予選5位)
かわいい神奈川大学
(18回連続41回目/前回15位/予選6位)
かわいい東海大学
(37回連続37回目/前回棄権/予選7位)
かわいい専修大学
(5回連続65回目/前回14位/予選8位)
かわいい明治大学
(2年ぶり51回目/予選9位)
かわいい大東文化大学
(42回連続42回目/前回棄権/予選10位)
かわいい国士舘大学
(4回連続42回目/前回13位/予選11位)
かわいい順天堂大学
(52回連続52回目/前回棄権/予選12位)
かわいい青山学院大学
(33年ぶり14回目/予選13位)
かわいい関東学連選抜(前回4位)






タグ:箱根駅伝
posted by リック at 09:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。